2012/10/30

ペットロス。

「ペットロスって?」そう、聞き返されました。

Aさんのお知り合いのBさんが、息子同然に育てて可愛がってきた老犬をなくされたそうで、それ以来、元気がないという話を聞いたときのことです。「ペットロスじゃないかしら?」と言った私に、Aさんが最初の質問をされました。

ペットを失うことは家族のメンバーを失うことと同じくらい辛いこと・・・に感じられる人も、この世の中にはたくさんいるのです。

話によると、Bさんにお子さんはいらっしゃらず、ご主人と二人暮らしだったそうです。しかし、そのご主人もだいぶ前に他界されて、それ以来、老犬とずっと一緒に暮らしていたのだそうです。

17年も生きた大きな茶色の犬でした。最後は歩けなくなり、トイレが間に合わずオムツをつけていたそうです。犬はプライドが高く、最初のうちはオムツを嫌がっていたそうですが、とうとうあきらめたそうです。

Bさんは自分も定期的に病院通いがある70代。家を不在にするときには、犬の下血をとても心配しながらだったそうです。部屋中に新聞紙やオムツをしいてから外出していたとのことでした。

田舎にはペットシッターさんがいません。いや、いるかもしれないのですが、年金生活者が利用できるような安価な「老犬シッター」さんは皆無なのです。

この話を聞いて、私は本当に考えさせられました。

どんなペットも年を取る。その時、自分はどこまで面倒みれるだろうか?
自分はその時、何歳になっているだろうか?

車を運転しないBさんは犬を動物病院へ連れて行くのも往生して、携帯電話で写真を撮って、それを先生に見せて判断を仰いでもらっていたようです。

訪問看護を手伝ってくれる動物病院は、私が住む市にはありません。訪問してくれる病院だって、本当に数えるくらいです。それも、最後の瞬間を看取るため(安楽死の注射をするため)だったりします。

身体に床ずれが出来て、痛みがあったのでしょうか、犬は夜中に「くぅ~ん、くぅ~ん」と鳴いていたそうです。Bさんは痛みを代わってあげることができない自分を責めて、さらには睡眠の質も落ちました。病院の先生に訴えるも、睡眠導入剤を飲み始めて身体が慣れてしまうのが怖くて、しょうがなく犬を気にしながら昼寝をうつらうつらとしていたそうです。

人間の看病も大変ですが、動物の看病も大変なのです。

最初は家族のメンバーがいても、Bさんのように、やがていなくなる場合も年齢によってはあります。本当に犬が好きな人は年老いてからも一緒に過ごしたいと願います。

犬がなくなって数日後にBさんに会いました。全身、黒っぽい服でした。きっと、喪に服していたのでしょう。だいぶ泣いたのでしょうか、目も赤っぽかったのを覚えています。

「最後まで、よく頑張りましたねえ。だいじょうぶですか?」と私が言うと、「あらー、(動物病院の)先生みたいなこと言うのねえ。」と明るく笑ったあと、最後の瞬間は平和で静かに逝ってくれたから、それだけは本当に良かった、と話されました。

「今度は病気やケガのない世界だから、安心ね。」と言うと、「そうねえ・・・。」と何やら思いめぐらしているようでした。

心理的、精神的に大変だった時期、動物病院の先生がだいぶ相談相手になってくれたそうです。そして、犬がなくなったことを報告に行くと、「これからも、何もなくてもいらっしゃい。」と言ってくれたのだそうです。

ペットロスはまるでうつ病のような状態になります。愛する人を亡くしたことのある人なら、簡単に想像がつくでしょう。すべてにおいてやる気がうせて、自分がなぜ、何のために生きているのかさえ、わからなくなります。食欲は落ち、外出もしたくなくなります。もっとできることがあったのではないか、と自分を責めます。

Bさんは「じゃあ、またね。」と最後まで笑顔でした。やれるだけのことは、全部やった。でも、まだふっきれない。明るくするのも疲れる。そんな顔でした。

ペット保険に入れる人は幸せです。それだけ余裕がある証拠ですものね。でも、子どもの人口よりペットの数が多い国となった今、老人がペットを飼っている場合も多々あります。年金生活、車なし、借家生活をつましくしている人たちが困ったときに、いったい、だれに助けを求めればよいのでしょうか。老犬介護、ペットロス。どちらも、今後の課題です。


2012/10/25

私に必要だったもの。

フェイスブックでは既にご紹介したのですが、最近、「コンシャス・コンフリクト(葛藤の意識)セミナー」の無料電話ワークショップに参加しました。(ホームページはここをクリック。PC用、英語です。日本の国旗マークをクリックすると、概要を日本語で読むことができます。)


これが、本当に、日常が変わるのです。「え~?!」という方もいらっしゃると思うので、私のいくつかの実体験をシェアしたいと思います。


1. ○○が欲しいのに、いまだ手に入らないー!

セミナーで習った手法を繰り返してみると…なんと、「いらないよ!」という無意識の声が発覚!子供の頃に気付いてほしかったのに気づいてもらえなかった、という心の傷が関係していました。こどもがすねて、本当は欲しいのに「いらないよ!」と言っている声、といったらおわかりいただけるでしょうか?これじゃ、手に入らないはずだ。。。(汗)


2. 高価なギフトをもらったけれど、なんか悪い気がする。。。

ありがとう、と受け取ったものの、何かしっくりこない。すると…大事だったお人形を知らない間に捨てられてしまった(多分、汚かったから?)という悲しみを再体験しました。大切なものは手に入れてもなくなってしまう、という心の傷でした。世のお母さん方、こどもに黙って古いおもちゃを捨てちゃだめですよ!

この話には続きがあります。心の傷が癒されたあと、お米10kg、なかなか手に入らない天然酵母の手作りパン、彼岸花の立派な球根たち、エッセンシャルオイル2瓶、植物の雑誌が全部無料で、そして新しいお客様もやってきました。アバンダンス(豊かさ)~♪


3. △△が必要と思って買ったけれど、無駄使いじゃなかったかなあ・・・

なくても良かったのかな?と不安になったのですが、これは純粋に欲しいと言ったものを買ってもらえなかった子どもの悲しみや怒りにつながりました。手を伸ばし、しっかりつかんで、自分の胸に引き寄せる、というジェスチャーを通して、欲しいものは手に入らないという傷を癒すことができました。すると、不安が「届くのが待ち遠しい!」というウキウキした気分に変わってしまいました。


4. □□の電話に出たくない。でも対応しないと。どうしたらいい?

以前、電話で話したときにがっかりさせられた相手。でも、大人の対応をしたい。だからセミナーで習ったことをやってみました。すると、裏切られたという怒りの感情ののち、心の傷が氷の分厚い壁の家に隔離されていて、世界との絆を断ち切っていたことがわかりました。私のハートが必要としていたのは、「どんなひどい目にあっても、生きていけるよ」という励ましの言葉でした。


5. XXを書きたくないんだけれど、資料のためには必要。なぜ書きたくないと思っちゃうの?

どんどんたまってしまう書類。困っていると、「何でも言ってはいけない」という心の傷がでてきました。子どもの頃、転校生だった私は、先生や友達の方言になかなかなじめず、苦労したことがありました。みんなと違うことを言うと、仲間外れにされる、と思ったのでしょう。深呼吸をすることで、喉が楽になって、「どんなことを言っても(書いても)だいじょうぶ」という言葉を繰り返しました。もちろん、書類は完成しましたよ。


自身の中にある大小の葛藤を味方につけて、そこから流れを変えていくと、その先には平和とハーモニーが広がります。ご興味のある方はどなたでも、一連の流れを無料の電話セミナーで体験することができるそうです。フェイスブックのこちらのページで情報を見ることができますよ。



2012/10/17

おたがいさま。

何という速さ!既に10月中旬を迎え、郵便局へ行くと「年賀状のご予約はお済みですか?」と質問されて、もうそんな時期?!と驚きます。小さな田舎の郵便局では、お客様との人間関係によって売上の増減が分かれるのでしょう。

私が得意とするのは30代以上の働く女性が抱える人間関係の問題ですが、最近、自分の人間関係を深めるような、新しい体験をしました。

人と人の繋がりは、人間同士の間に流れ、やり取りされる親切や優しさ、正直な思いやりなどで太くなったり、細くなったり、あるいは途切れたりします。

私の人間関係は、昨秋、犬を国道で保護したあたりから変わってきました。なぜなら、犬を散歩させていると必ず、同じように犬を散歩させている人たちと言葉や情報を交わすようになるからです。

そこから、それまで話したことがなかったご近所さんや、新たに引っ越された来て犬を飼っている方たちと、交流が始まりました。決して深いものではなく、顔を観れば挨拶をする、犬の健康状態について情報交換しあったりする関係でした。

ところが。

最近、私の犬が逃げ出すという事件が起きました。いなくなった2時間後に警察から連絡が来て、無事見つかったのですが、見つかるまではハラハラしっぱなしでした。

犬が走り去った場所は(昔は繁盛していたであろう)商店街の近く。ある大きな物音に驚いて、パニックになってしまったのです。

けれど、この商店街という場所が幸いしました。見ていたおじちゃん、おばちゃんたちが「あっちに行ったよ!」と口々に教えてくれたのです。魚屋のお父さんは近所の神社を見回ってくれたり、配達の時に車をゆっくりと走らせて犬を探してくれました。雑貨屋のおばちゃんは自転車で回ってくれて、八百屋のおばちゃんは私が渡した愛犬の名刺にほれ込んでいました。(笑)

この人たちは「ただ現場の一部を見ていた」だけです。もし、あなたの仕事中に起こったことなら、どうしますか?

ご近所の本屋さんにも愛犬の名刺を渡して(こういう時、写真の情報が生きてきます)もし見かけたら連絡してほしいとお願いしました。

すると、散歩でよく会う奥さまが出てきて「一緒に探します!」と言って下さったのです。ご主人も賛成してくださって、仕事時間中なのに奥様を外に出してくださいました。

数軒隣のご近所さんは足が悪いのに、私が渡した犬の名刺をあちこちのコンビニ店やタクシーの運転手さん、あるいは植木を刈っている人や車の整備工場の人などに見せて、聞いて回ってくれました。

交番で遺失物届(犬は個人の財産として、法律上、モノ扱い。つまり、落し物、になります。)をこと細かに書いて、愛犬の名刺とともに提出しました。担当者は見つかったらもちろん、保護しておきますよ、と言ってくれました。

たった1匹の犬がいなくなっただけなのです。

私も必死でしたが、こんなにたくさんの他人が、こんなに親切に助けてくれるなんて。本当に驚きました。私が今まで体験したことのない、大きく素晴らしいサポートでした。

犬が怪我もなく無事に戻ってから、魚屋さんにも、雑貨屋さんにも、八百屋さんにも、本屋さんにも、ご近所さんにも、お礼と報告に伺いました。皆さん、無事に見つかって良かった良かった、と笑顔で言って下さいました。

私はこのとき、「おたがいさま」という人間関係と心の余裕について感じずにはいられませんでした。困ったときはお互い様、というのは自分に精神的余裕がなければ「そう、大変ね。」の一言で終わってしまいます。

こうやって文字にして書いてみると、改めて、自分がどれだけ豊かさを与えられたのかに感動します。

私は、あらためて自分に言い聞かせました。「私は豊かさを受け取ってもいい」。申し訳ない、という罪悪感なしに、他人のサポートをめいっぱい受け取って良いのだ、と自分に何度も言いました。めいいっぱい受け取ったら、今度は自分が「ありがとう」と伝えれば良いのです。

本当に心配した2時間の出来事でしたが、私にとってはとても大きな出来事でした。今、皆さんの心には「お互い様だから」と言えるくらいの余裕がありますか?それとも・・・?



2012/10/08

犬を飼うこと(2)

犬を飼う家族とその経済状況は様々です。そんな中で、考えさせられたことがありました。

ある一人暮らしの男性(60代くらい?)は20年以上、大型犬から小型犬まで、いろんな犬を飼ってきました。ご飯も、缶詰やレトルトに加え、手作りご飯もしょっちゅう与えて、とても可愛がっていました。

ところがある日、足に痛みやしびれを感じるようになってきました。原因は不明です。犬はまだ若く、(人間でいうと24歳くらい)散歩のときも元気いっぱいに引っ張ります。

子犬のときからのしつけが大事なのは言うまでもないのですが、子犬のときにはとても可愛いので、しつけが出来ない人が多いのも事実です。(私の愛犬は既に4歳ですが、あの無垢な表情を見ると、つい甘やかしたくなってしまいます。)

さあ、あなたならどうしますか?

犬のお散歩代行業者を頼みますか?関東では30分2,500円くらいとインターネットで見たことがあります。経済的余裕があり、代行業者の人たちが本当に犬が好きな、責任感ある人たちなら良い方法です。

近所の人にお願いしますか?毎日の事だから、ご近所の人に助けをもとめるのも良いことです。お礼に何かちょっとしたものを差し上げると、あとあとの近所付き合いもスムースにいくかもしれません。

問題は、困っている本人が「助けが必要だ」ということを世間に知らせることが出来ない「心の状態」にある場合です。例えば、「他人様に迷惑をかけるなんて、申し訳ない」(ご年配の方には、まだこういう方が多いです)とか、「自分はまだ頑張れるから大丈夫」と無理をしてしまうとか。男性は後者のタイプでした。

人生を「成功か失敗か?」で見ている人にはこういうことが起こりえます。人生は常に二者選択だからです。白か黒か?できるか、できないか?ゼロか100か?こういう人生が疲れることは言うまでもありません。

人生には白も黒も、出来るときも、できないときもあります。ゼロのときも、100のときもあって、どちらかだけというのはあり得ません。私たちには晴れの日も、曇りも、雨も必要です。今この瞬間、負けのように感じられても、長い目で見れば、大したことはないのです。

もし貴方のご近所にこういう方がいて、助けてあげたいな、と思ったら、ちょっと智慧と優しさを働かせるだけで、行動に移すことができます。

まず、何気なさを装うこと(笑)。「あなたは出来ないから、手伝ってあげますよ!」という姿勢は一切見せないことです。なぜなら、相手はできない、って思われたくないからです。

次に、「一緒に行こう」と誘います。そして犬があなたになついているなら、リードを持ってあげましょう。相手が「自分が持つ」と言ったなら、「たまには私が」とリードを死守します(笑)これで相手は、リードがない散歩がどれくらい楽なものか、自分で体験することができます。

あきらめずに、何度も訪ねていると、きっと相手も「がんばらなくてもいい」ということを感じるようになってきます。これは相手にとって大きな進歩です!いつもできなくてもいいんだ、と思えることは本当に大事なんです。

体調が悪いから、足腰が痛いから、病気だから、と飼っている犬の散歩をあきらめないでください。彼らにとって散歩は大事な外界とのコミュニケーションの時間です。

もし、あなたが何かに困っていたら、ぜひ、そのことを発信する勇気を発揮してください。それが犬の散歩なら、あなたの勇気のおかげで、あなた自身は「楽をする」という経験ができるし、あなたの犬も散歩に行けるという恩恵にあずかれます。求めよ、さらば与えられん、です。



2012/10/06

犬を飼うこと

犬を大切に飼ってほしい、と思うことがあります。

庭の片隅に忘れられたようにある、ボロボロの犬小屋。とっくに大きくなった犬が、かじり続けた跡があって、おもちゃを与えられなかったんだなあ、と想像してしまいます。

首輪もそうです。とっくに小さくなってしまった首輪を一番外側の(直径が最も大きくなる)穴に金具をとめている場合があります。いったい、何年間使い続けているんだろう?!と、想像を絶する汚さに唖然とします。

犬を外で飼う場合、犬が大きくなったら、犬小屋も犬が座った時の背丈に合わせて大きなものが必要です。犬が大きくなったら、首輪も少し太め(中型犬の場合、平革なら2センチ幅くらい)に変えていかないと、散歩のときに危険です。

小学生のこども一人が、中型犬を散歩している場面にも出くわしました。同性の犬同士だと、喧嘩まで行かなくとも、お互いに吠えて威嚇しあうことが多々あります。その時も、まさにそれが起きて、小さな男の子は必死の形相でした。

「おばちゃんが(ひもを)持ってあげようか?」と声をかけると、緊張した面持ちと礼儀正しい態度で「いえ、大丈夫です」。きっと、自分の責任だからと強く信じているのでしょう。しかし、こどもが抱える責任の重さとしては、あきらかに過剰です。

いつもはおとなしい犬でも、恐怖からいつもと違う行動にでることがあります。もし、噛んだり、かみつかれたりした場合、やはり大人同士でなければ話し合いができません。動物病院代、往復交通費、飼い主が噛まれていたら、飼い主の洋服が汚れたり破れたりしていたら・・・等というのは子供と話し合いはできません。わたしは子供だけの犬の散歩は、例え小型犬であっても反対です。

こういう飼い主に遭遇すると、「なぜ、気付かないんだろう?」と疑問に思うと同時に、家族に「構われていない」犬のことが可哀想になるときがあります。

犬は昔から家族で暮らしてきた動物です。だから、グループ行動が大好きです。私の犬は、普段は私と2人暮らしですが、実家に遊びに行くと大家族になるので大変です。

実家には両親のほか、メス犬2匹(人間でいうと、40代と60代)がいるので、愛犬の態度は変わります。まず、真っ先に挨拶にいくのは父親です。家長だと教えてもいないのに、なぜわかるのでしょうか?確かに、犬にとって一番偉いボスに気に入ってもらうことは大事なことなのです。

そして母親に挨拶。いつも食べているごはんを持参で行ったとき、当日朝は同じものを食べなかったので「お腹の具合でも悪いのかしらね?」と二人で話していたのですが、母親がごはんの器を置いた途端、ムシャムシャと食べ始め、あっというまに平らげてしまいました。

愛犬はいつもは自分が一番大切にされているのに、メス犬たちがいると、順序が一番下になります。最初は家ではやらない様々ないたずらをして(新聞紙を噛んだり、ティッシュペーバーの箱にかみついて破ったり)自分に気を引こうとしていました。

私たち人間は普通に話しているだけですが、犬たちは微妙なエネルギーの流れをちゃんとキャッチしています。これを家族全員が認識していることは、とても大事だと思います。

これから犬を飼う方は、元旦の朝から大晦日の夜まで、お散歩があることを忘れないでくださいね。もちろん、ペットシッターを雇える方はぜひ利用してください。

いま、犬を飼っている方、ぜひ首輪とリード(ひも)が安全かどうかチェックしてみてください。両方とも消耗品です。犬と飼い主、両方の安全を守るためにも、ぜひお願いします。