2012/09/20

命にまつわる寛容さ

前回の記事を書いてから今までの間に、小さな子猫を2匹、天国に見送りました。
どちらも偶然、犬と散歩中に見つけたもので、既にとても弱った状態でした。

命を救えなかったときというのは、とても自分の無力さを感じました。
どんなにベストを尽くしても、救えないときがある。そして、それを受け入れるしかありません。けれど、やはり、心は痛むものです。

もっと自分に知識があれば、違ったかもしれない。
もっと自分に経験があれば、違ったかもしれない。

悲しい現実を受け入れるのは時間がかかります。少し落ち着いてくると、もし次に弱った動物に出会ったなら、今度こそ救えるように準備をしておこう、という気持ちにもなります。

必要な物品、知識、経験。これらがそろったなら、きっと次は違う結果になるだろう。そう期待しています。

私の住む久留米市では昨年、600匹の犬や猫が動物管理センターで処分(ガスで殺す)されました。税金を使って、犬ばかりでなく、生まれたばかりの猫がたくさん殺されます。まるですぐ死ぬために生まれてきたみたいです。

一方で、野良猫にえさをやる優しい近所の人がいます。でも、赤ちゃんを産んでも面倒を見るわけではありません。

ここに、何とも言えない複雑な思いを感じます。

人間の優しさと寛容さが大きかった昔なら、そしてのんびりした時代なら、きっと違ったことでしょう。
「昔は野良犬がよくいたけど、近所の人が少しずつ残飯をやったりして、可愛がったりして、なんか面倒みてたんだよな。」という年配の人の話もききます。

犬や猫たちも、認知症を発症する前に死んでいました。命は短くても、それはそれで、幸せな人生だったのかもしれません。

時代とともに変化する、犬猫の生活。人間とともに暮らすがゆえに、彼らも変化を余儀なくされます。「番犬にほしいから」「こどもの癒しのために」と動物を飼う前に、人間とともに暮らすがゆえの負担を担っていることを認識してほしいな、と思います。



犬や猫を飼っている方へ

必ず名札をつけてあげましょう。飼い主の名前と携帯電話番号を名札に書いておけば、いざというとき、連絡をしてくれる人がいます。私の犬も、一度、逃げだしたときにそうやって連絡をもらいました。お礼の菓子折りを持って、ご自宅へ伺い、お礼を申し上げました。

犬の首輪の裏がわにマジックで名前や住所を書く方もいらっしゃいますが、知らない犬を捕まえて、首輪を取って確認してくれる他人はそういません。だから、できるだけ簡単に連絡先がわかる名札をお勧めします。

もし、迷子の犬や猫を見つけて、運よく貴方がつかまえたなら、最寄りの警察(交番)へ連れて行ってあげてください。そうすれば、2週間は預かってもらえます。動物管理センターでは3日間です。(その後、処分となってしまいます)

交番によっては、名札がついていないと預かってくれない場合もあると聞きます。(自治体による)だから、できるだけ名札をつけてあげてください。

どうぞお願いします。




2012/09/19

3周年記念のお知らせです♪



みなさまへ感謝をこめて

常日頃より、ハンズ・フォー・ヒーリングをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます!みなさまのおかげで、ハンズ・フォー・ヒーリングが久留米市に開業して早3年を迎えることとなりました。

つきましては、10月1日の記念日を始まりとして、10月31日までの1か月間、初めてヒーリングを受けられる方を対象に、セッション費用を10%オフとさせていただきます♪

まだBBSH式のエネルギーヒーリング未体験の方、迷っておられた方、ちょっと興味がある方、前から受けたかった方、そして「昔受けたことがあるけど、だいぶ経っちゃったなあ・・・」という方も、どうぞこのチャンスをご利用ください♪

※なお、10月3日、10月4日は予約終了しました。ありがとうございます!